2018年7月25日
株式会社 MCA

MCA、「第5世代移動通信 技術・設備投資動向・関連産業サービス開発動向 2018年度版」の販売を開始
~5Gの将来像を技術面・サービス面、キャリア・ベンダ・国内・国際動向等多角的に分析~

移動体通信・IT分野専門の調査会社である株式会社MCA(所在地:東京都千代田区飯田橋1-8-8、代表者:天野浩徳、TEL:03-6261-2571)が2018年7月17日に、調査レポート「第5世代移動通信 技術・設備投資動向・関連産業サービス開発動向 2018年度版」(価格:税抜200,000円)を発刊しました。

「第5世代移動通信 技術・設備投資動向・関連産業サービス開発動向 2018年度版」
http://www.mca.co.jp/itforecastreport/itforecastreport5g-report-2018/

■調査背景
2017年末に第5世代無線仕様(5G NR)が策定されたのを機に、5Gの商用展開に向けた動きが加速している。日本・韓国・米国・中国などが、2019~2020年のサービス開始を目指している。日本も2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて商用化の準備が進められている。

5Gの商用サービスを実現する端末-基地局間の無線通信仕様としては三つの手法が検討・開発されており、一つは、現行の4Gを改良した「eLTE」(enhanced LTE)方式で、これは4Gシステムから5Gシステムへの移行的な役割を果たすものだが、新技術導入が限定的なため、5Gならではの大幅な高速化、大容量化、低遅延などは実現できない。二つ目は、2017年12月に仕様策定された5G仕様「NSA 5G NR」(Non-standalone5GNew Radio)である。その特徴は通信制御に4G(LTE)を流用することにある。eLTEとNSA 5G NRは、既存の4Gシステムと相互運用性があるため、4Gと5Gを併用する運用が可能となり、早期に商用化できるという特徴がある。三つ目の方式「SA 5G NR」(standalone5GNew Radio)は、5Gに求められる高性能の要求条件を実現するための仕様であり、制御部分も含めて新しい技術に基づいた方式である。5Gが実現する新たな性能を利用した新サービスの登場が期待される。

現在のところ、5G導入段階では、NSA 5G NRとeLTEを組み合わせる形で提供されることが見込まれており、早ければ2019年にも日本を含めた複数の地域で商用サービスが始まる。一方のSA 5G NRは、仕様策定が予定通りに進めば、NSA 5G NRの商用化から2~3年後の商用化が見込まれる。

5Gの標準化を担当する国際電気通信連合 無線通信部門(ITU-R: ITU Radiocommunication Sector)は、5Gの通信能力として、①「超高速モバイル通信」(Enhanced Mobile Broadband:eMBB)、②「大量・多地点通信」(Massive Machine-Type Communication:mMTC)、③「超高信頼低遅延通信」(Ultra-reliable and low latency communication :URLLC)を示し、その具体的な目標数値として、超高速モバイル通信(eMBB)は「最大速度は下り20Gbps/上り10Gbps」、大量・多地点通信(mMTC)は「1平方キロメートル当たり100万デバイス」、超高信頼の低遅延通信(URLLC)は「遅延時間0.5ミリ秒」としている。

本調査資料は、上記の条件を様々な新技術を用いて実現していく中で、商用化がすでに視野に入っている5G通信市場の国内外の開発動向と、設備投資を予測するとともに、関連産業におけるサービス開発動向を分析することにより、5G市場の将来像を示すものである。

■調査レポートのポイント
・2018-2023の5G技術国際標準化動向・周波数動向
・日米欧中韓における主要プレイヤーの5G推進状況と提携関係
・2018-2023の国内キャリアの5G推進状況、5G移行シナリオと設備投資予測
・主要インフラベンダとチップベンダの5G推進状況
・5G技術要素毎に産業別の技術開発動向を分析
・5G技術と産業別のサービス展開予測
※本レポートは毎年発刊しております「携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測」の2018年度版ではありませんので、ご注意ください。

■調査対象
調査対象キャリア:
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天、主要海外キャリア

調査対象ベンダ:
エリクソン、Nokia、Huawei、ZTE、Samsung、NEC、富士通、Qualcomm、Intel、Hisilicon

調査対象サービス分野:
放送、アプリケーション、自動車、建機、医療

■調査レポートのイメージ

■調査レポートの主な目次
※詳細な目次はWebサイトの「レポート目次」をご参照ください。
http://www.mca.co.jp/itforecastreport/itforecastreport5g-report-2018/

1. 総括編
2. 移動体通信の現状と5G進化の背景
3. 移動体通信の5G進化への要請
4. 5G概要
5. 国際標準化動向
6. 周波数状況
7. 海外の通信事業者の状況
8.国内の通信事業者の状況
9.ベンダ・チップベンダの状況
10.サービス編(5G向けサービス開発状況)
11.参考

■調査レポート詳細
発行日:2018年7月17日
判型:A4版 252頁
発行・販売:株式会社 MCA
頒価:200,000円(税抜)
販売方法:PDFファイルのダウンロード及びA4コピー刷り製本
申込方法:オンライン注文

■株式会社 MCA(MCA Inc.)の会社概要
設立時期:1993年12月1日
代表者:代表取締役 天野浩徳
資本金:1,000万円
所在地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-8-8 ASKビル 5F
事業内容:通信分野に関するコンサルティングやマーケティング事業
・カスタムプロジェクト(委託調査)業務
・IT Forecast Report(モバイル/IT調査レポート)の企画/制作/販売業務

■本件リリースに関するお問い合わせ
株式会社 MCA(MCA Inc.、http://www.mca.co.jp/
販売担当:天野 徳明(あまの のりあき)
E-Mail:info@mca.co.jp TEL:03-6261-2571 FAX:03-6261-2572