~キャリア各社のLTEの基地局数を周波数帯別、エリア別に集計分析し、LTEエリア戦略を解明~

調査概要

移動体通信・IT専門の調査会社である株式会エムシーエイ(http://www.mca.co.jp/)では、9月4日に調査レポート「モバイルキャリア各社のLTE基地局のエリア展開実態および戦略に関する調査~キャリア各社のLTEの基地局数を周波数帯別、エリア別に集計分析し、LTEエリア戦略を解明」(価格:150,000円/税別)を発刊しました。

モバイルキャリア各社は、LTEのエリア展開および高速化でしのぎを削っている状態です。その背景には、端末やサービスでの差別化が難しく、各キャリアの競争力がインフラ勝負になってきたことがあります。その競争力を示す指標のひとつがLTE基地局の設置数です。

同じ基地局と言っても、KDDIのピコセルとドコモの6セクタ局とでは全く同列には比較できません。しかし、それを踏まえた上でLTE基地局を追うことによって、各社のLTEネットワークの特徴とその問題点、および今後の戦略の方向性が見えてきます。

調査ポイント

・本レポートでは、各社のLTEの進展状況を月ごとに追って、1年間にわたりその状況を分析

・使用するデータは、総務省の「無線局統計情報」をもとにLTEの基地局数を検索し、周波数帯別、エリア別に集計

・分析の視点は、大都市、中核都市、地方都市、ルーラルといった人口別エリア区分、さらにはW-CDMA局におけるLTE化率など様々な角度からデータを分析

・次期iPhone6が及ぼす各社のインフラ競争力への影響を分析

レポート体裁/費用

発行会社  株式会社MCA
発刊日 2013年9月
価格 150,000円(消費税抜き
販売方法 ◎Exelデータ(月別)DL
◎総括版:PDFデータDL


レポートダウンロード

ニュースリリース レポート(2014年7月)
(ZIPファイル)

レポート購入方法

クレジットカード
 レポートダウンロード⇒申込書送信⇒クレジット決済選択⇒決済完了⇒パスワード送信⇒レポート閲覧
銀行振込
(一括払い)
 レポートダウンロード⇒申込書送信⇒パスワード送信⇒レポート閲覧⇒貴社へ請求書送付⇒入金確認

*クレジット決済の場合、ご希望があれば別途「領収書」を発行させていただきます。お手数ですが 、必ず下記申し込みページへクリック後、「ご質問・ご要望」欄に「領収書希望」とお書き添え下さい。
жダウンロードは右クリックの「対象先を保存」でスタートします。

調査対象

調査の対象となる帯域は下表中、色で塗りつぶした周波数(黄色:FDD-LTE、緑:TDD-LTE

周波数帯域 上り 周波数(MHz) 下り 周波数(MHz) LTE下り 周波数(帯域幅) 割り当てキャリア
5MHz 10MHz 15MHz 20MHz
700MHz帯 718 – 728 773 – 783 KDDI
728 – 738 783 – 793 NTTドコモ
738 – 748 793 – 803 イー・アクセス
800MHz帯 815 – 825 860 – 870 865 KDDI
825 – 830 870 – 875
830 – 845 875 – 890 877.5
887.5
885 NTTドコモ
845 – 850 890 – 895
900MHz帯 900 – 905 945 – 950 ソフトバンク
905 – 915 950 – 960
1.5GHz帯 1427.9 – 1437.9 1475.9 – 1485.9 ソフトバンク
1437.9 – 1447.9 1485.9 – 1495.9 1490.9 KDDI
1447.9 – 1462.9 1495.9 – 1510.9 1498.4 1503.4 NTTドコモ
1.7GHz帯 1744.9 – 1749.9 1839.9 – 1844.9 未定
1749.9 – 1754.9 1844.9 – 1849.9 1847.4 イー・アクセス
1754.9 – 1759.9 1849.9 – 1854.9 1849.9
1759.9 – 1764.9 1854.9 – 1859.9
1764.9 – 1784.9 1859.9 – 1879.9 1869.9 NTTドコモ(東名阪)
1.9,2GHz帯 1920 – 1940 2110 – 2130 2127.5 2125 2122.5 2120 KDDI
1940 – 1960 2130 – 2150 2147.2 2144.8
2135.2
2137.6 NTTドコモ
1960 – 1980 2150 – 2170 2152.5 2155 2157.5 ソフトバンク
2.5GHz帯 2545 – 2575 2560(10MHz)
2570(10MHz)
2565(20MHz) WCP
2575 – 2580
2580 – 2590 41社
2590 – 2595595
2595 – 2625 UQC
2625 – 2650 2635

調査項目

1.調査概要
1.1.調査目的
1.2.調査対象
1.3.調査手法
1.4.調査期間
1.5.調査担当

総括編
1.各社の基地局展開状況とLTE移行戦略
1.1.各社の基地局数
1.2.各社のLTE基地局数とLTE化率
1.3.各社のエリア別LTE展開状況
1.4.各社のLTE移行戦略

2.今後のLTE展開予測
2.1.今後のLTE展開のカギを握るキャリアアグリゲーション
2.2.LTEのエリア展開から見たKDDIのCAサービスの戦略的な意味
2.3.KDDIにおけるCAの手法とeICICの問題
2.4.今後重要性が増す2.5GHzとドコモの対抗軸

3.帯域別LTEの動向
3.1.各社の800MHz帯LTEの動向
3.2.各社の1.5GHz帯LTEの動向
3.3.各社の2GHz帯LTE(5MHz)の動向
3.4.各社の2GHz帯LTE(10MHz)の動向
3.5.各社の2GHz帯LTE(15MHz)の動向
3.6.各社の2.5GHz帯TDD-LTEの動向

4.各社の周波数帯域別LTE基地局の動向と位置づけ
4.1.NTTドコモ
4.2.KDDIグループ
4.3.ソフトバンクグループ

5.各社の2GHz帯におけるLTE帯域
5.1.NTTドコモ
5.2.KDDI
5.3.ソフトバンク

6.都道府県別、周波数帯域別の増減状況
6.1.NTTドコモ
6.2.KDDI
6.3.ソフトバンククグループ

7.LTE化率の状況(W-CDMA局の中でのLTE化率)

8.各社のiPhoneへの対応状況

図表目次
図 1 1各社の基地局数
図 1 2 各社の帯域別LTE基地局数
図 1 3 各社の帯域別LTE化率
図 1 4 大都市における各社の帯域別LTE展開状況
図 1 5中核都市における各社の帯域別LTE展開状況
図 1 6地方都市における各社の帯域別LTE展開状況
図 1 7ルーラルにおける各社の帯域別LTE展開状況
図 1 8 ルーラルにおける各社の帯域別LTE展開状況(900MHzの影響)
図 1 9 ドコモとKDDIにおける並行免許
図 1 10 2GHzの各帯域別基地局数の推移
図 2 1各社の帯域別LTE基地局数とCAの組み合わせ帯域
図 2 2 KDDIの帯域別エリア分布状況(2014年5月24日現在)
図 2 3 KDDIにおけるCAの方法(2GHz/800MHzとのCA)
図 2 4 各社のiPhone対応の基地局数(2014年5月24日現在)
図 3 1各社の800MHzLTEのエリア別ウエイト(2014年5月24日)
図 3 2各社の1.5GHzLTEのエリア別ウエイト(2014年5月24日)
図 3 3 帯域別エリア(大都市、中核都市、地方都市、ルーラル)分布
図 3 4帯域別エリア(大都市、中核都市、地方都市、ルーラル)分布
図 3 5帯域別エリア(大都市、中核都市、地方都市、ルーラル)分布
図 3 6帯域別エリア(大都市、中核都市、地方都市、ルーラル)分布
図 4 1 ドコモの周波数帯別の基地局数推移
図 4 2 ドコモのエリア別帯域別基地局数
図 4 3 KDDIのエリア別帯域別基地局数比率
図 4 4 KDDIグループの周波数帯別の基地局数推移
図 4 5 KDDIのエリア別帯域別基地局数
図 4 6 KDDIのエリア別帯域別基地局数の比率
図 4 7 ソフバンクグループの周波数帯別の基地局数推移
図 4 8 ソフトバンクのエリア別帯域別基地局数
図 4 9 ソフトバンクのエリア別帯域別基地局数比率
図 5 1 ドコモの2GHz帯におけるLTE帯域
図 5 2 無線局事例
図 5 3 KDDIの2GHz帯におけるLTE帯域
図 5 4 ソフトバンクの2GHz帯におけるLTE帯域
図 6 1 ドコモの800MHz、1.5GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
図 6 2 ドコモの1.7GHz、2GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
図 6 3 KDDIの800MHz、1.5GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
図 6 4 KDDIの2GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
図 6 5 ソフバンクの2GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
図 6 6 イー・アクセスの1.7GHzの都道府県別増減状況(2013年6月8日~2014年5月3日)
図 7 1 ドコモの各エリアにおけるLTE化率(2014年5月末現在)
図 7 2 ソフトバンクの各エリアにおけるLTE化率(2014年5月末現在)

表 1 1大都市における各社の帯域別LTE展開状況(単位:局)
表 1 2中核都市における各社の帯域別LTE展開状況(単位:局)
表 1 3地方都市における各社の帯域別LTE展開状況(単位:局)
表 1 4ルーラルにおける各社の帯域別LTE展開状況(単位:局)
表 3 1 各社の800MHz帯LTEの基地局数推移 単位:局
表 3 2 各社の1.5GHz帯LTEの基地局数推移 単位:局
表 3 3 各社の2GHz帯LTE(5MHz)の基地局数推移 単位:局
表 3 4 各社の2GHz帯LTE(10MHz)の基地局数推移 単位:局
表 3 5 各社の2GHz帯LTE(15MHz)の基地局数推移 単位:局
表 3 6 各社の2.5GHz帯TDD-LTEの基地局数推移 単位:局
表4 1ドコモの割り当て帯域とサービス提供時期
表 4 2 ドコモの周波数帯別の基地局数推移
表4 3 KDDIの割り当て帯域とサービス提供時期
表4 4UQコミュニケーションズの割り当て帯域とサービス提供時期
表 4 5 KDDIグループの周波数帯別の基地局数推移
表4 6 SBMの割り当て帯域とサービス提供時期
表4 7イー・モバイルの割り当て帯域とサービス提供時期
表4 8 WCPの割り当て帯域とサービス提供時期
表 4 9 ソフバンクグループの周波数帯別の基地局数推移
表 5 1ドコモの地域別帯域別基地局数(2014年5月24日現在)
表 5 2 KDDIの地域別帯域別基地局数(2014年5月24日現在)
表 7 1 ドコモの各帯域における基地局数とLTE化率(2014年5月末現在)
表 7 2 KDDIの各帯域における基地局数とLTE化率(2014年5月末現在) 2
表 7 3 ソフトバンクの各帯域における基地局数とLTE化率(2014年5月末現在)
表 8 1 帯域別iPhone対応基地局数


お申込