株式会社MCAが運営する調査レポート販売サイト
IT Forecast Report
「通信販売業における電子商取引の
ガイドライン」に基づく表示
TOP(レポート一覧) 受託調査 MobileNewsLetter 会社概要(Profile)
プレスリリース アナリスト紹介 モバイルビジネス通信 お問い合わせ
 このレポートには2015年版がございます


  

「携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と
将来予測 2014年版」

~セルラーキャリアのLTEインフラ戦略及び投資動向と周辺部材市場を
キャリア・ベンダ・エンジニアリング会社など多角的な視点から総合的に分析~

 

 

調査概要
 NTTドコモが2013年9月に「iPhone 5s」「iPhone 5c」を投入し、国内市場初のキャリア3社による同一端末の取り扱いが開始された。それに伴い、ユーザのキャリア選択ポイントは料金以外に、よりLTEエリアの完成度にも目が向けられることになった。

 LTEエリア競争に拍車がかかる中、これまでエリアに強みを持っていたNTTドコモが他キャリアからの攻勢を受けている。主に高トラフィックエリアを中心にLTEエリアを構築してきたNTTドコモと、一気にLTEカバレッジを拡大させたKDDI(au)とソフトバンクモバイル。各社のエリア戦略の違いが如実に表れる結果となった。

 劣勢となったNTTドコモであるが、LTEサービスに1.5G/1.7GHz帯を転用させることで他キャリアへの対抗策を打ち出している。今後、NTTドコモはLTEカバレッジとスピード以外に、安定したネットワーク運用も重要な要素になるものと考え、他キャリアとのLTEエリア競争に備える。

 一方、基地局市場を取り巻く無線機や部材ベンダは、基地局新設から併設、マクロからスモールセルへの移行に向けた対応が求められている。引き続き、キャリアからのコスト削減要求にも終わりがなく、さらにはLTE-AdvancedやVoLTEなど新技術への対応が望まれる。また、エンジニアリング会社は工事件数が堅調に推移するも作業簡略化による工事単価下落が進む。マルチタスク化も叫ばれ、エリア調整やセンタ設備など基地局工事以外の通信工事への対応も課題となる。

 本調査企画は、基地局及び周辺部材市場の現状やキャリアのインフラ戦略について、キャリアやベンダ、エンジニアリング会社などへの多面的な取材を通じ、実態を把握し、予測することを目的としている。具体的には、キャリアのインフラ戦略及び投資動向に加え、無線機やアンテナ&ケーブル、蓄電池など周辺部材市場の実態を明らかにする。また、2017年度までの基地局や周辺部材市場を予測については、700M/900MHz帯やLTE-Advancedなどの技術動向を踏まえながら、今後のキャリアのインフラ戦略を多角的に分析することで、精査していくものである。


 
レポート体裁/費用
発行会社  株式会社MCA
発刊日 2014年2月
価格 200,000円(消費税抜き
ページ数 172ページ
販売方法  ◎PDFデータのDL及びA4コピー刷り製本


レポートダウンロード
ニュースリリース   レポート
   
жレポートは予めパスワード設定されています 

◆関連レポートのご案内
携帯基地局の今(1):キャリア各社の電波状況を左右する「基地局」は現在約58万局、各社の基地局数は?
携帯基地局の今(2):約58万局に達した携帯基地局、そのうち約3分の1がLTE基地局
携帯基地局の今(3):キャリア6社の周波数帯運用状況と2014年以降の追加割当状況を整理
携帯基地局の今(4):国内無線機市場、サムスンとエリクソンの攻勢を受ける国内最大手のNSN

レポート購入方法

   

クレジットカード
 
 レポートダウンロード⇒申込書送信⇒クレジット決済選択⇒決済完了⇒パスワード送信⇒レポート閲覧


銀行振込
(一括払い)
 
 レポートダウンロード⇒申込書送信⇒パスワード送信⇒レポート閲覧⇒貴社へ請求書送付⇒入金確認
*クレジット決済の場合、ご希望があれば別途「領収書」を発行させていただきます。お手数ですが 、必ず下記申し込みページへクリック後、「ご質問・ご要望」欄に「領収書希望」とお書き添え下さい。
жダウンロードは右クリックの「対象先を保存」でスタートします。
 

調査対象

分類

対象企業

キャリア

NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクモバイル・イー・モバイル・UQコミュニケーションズ・WCP

メーカー

MDE

ノキアソリューションズ&ネットワークス、エリクソン・ジャパン、日本電気(NEC)、富士通、パナソニック システムネットワークス、サムスン電子ジャパン、日立製作所、華為技術日本、日立国際電気、ZTEジャパンなど

アンテナ&ケーブル

日本電業工作、電気興業、日立金属、アンドリュー・ジャパン、三菱電線工業など

コネクタ&ケーブル

日本航空電子工業、ヒロセ電機、ハーティングなど

電源

新電元工業、オリジン電気、サンケン電気など

蓄電池

GSユアサ、新神戸電機、エナーシスジャパン、古河電池など

エンジニアリング会社

ドコモエンジニアリング、KDDIエンジニアリング、コムシスホールディングス、協和エクシオ、ミライト・ホールディングス、京セラコミュニケーションシステム、KCCSモバイルエンジニアリングなど

調査目次

はじめに 1
◆調査背景
◆調査対象

目次
1.モバイルキャリアの現状
 1-1. 契約者数・業績・ARPUの推移と予測(2012~2017年度)
  図:契約者数の推移と予測(2012~2017年度)
  図:契約者数の年度純増推移と予測(2012~2017年度)
  表:契約者数の推移と予測(2012~2017年度)
  図:業績の推移と予測(2012~2017年度)
  表:業績の推移と予測(2012~2017年度)
  図:総合ARPUの推移と予測(2012~2017年度)
  表:ARPUの推移と予測(2012~2017年度)
 1-2. 設備投資額(基地局投資・方式別設備投資額)の推移と予測(2012~2017年度)
  図:設備投資額の推移と予測(2012~2017年度)
  表:設備投資額の推移と予測(2012~2017年度)
  表:基地局投資の推移と予測(2012~2017年度)
  図:キャリア4社の方式別設備投資額の推移と予測(2012~2017年度)
  表:方式別設備投資額の推移と予測(2012~2017年度)
 1-3. 基地局数(累積局・新局数)の推移(2012~2017年度)
  表:キャリア各社の基地局累積局・新局数と予測(2012~2017年度)
  表:キャリア各社の基地局累積局・新局数と予測(基地局撤去除外版、2012~2017年度)
 1-4. LTE基地局数(累積局・新局数)の推移(2012~2017年度)
  表:キャリア各社のLTE基地局累積局新局数と予測(2012~2017年度)
 1-5. 現状の周波数帯保有状況と今後のインフラ展開ロードマップ
  図:キャリア6社の現状の周波数帯保有状況
  図:キャリア6社の現状の利用可能な周波数帯
  図:NTTドコモの割当帯域とサービス提供時期(2012~2017年)
  図:KDDI(au)の割当帯域とサービス提供時期(2012~2017年)
     図:ソフトバンクモバイルの割当帯域とサービス提供時期(2012~2017年)
  図:イー・アクセス(イー・モバイル)の割当帯域とサービス提供時期(2012~2017年)
  図:UQコミュニケーションズの割当帯域とサービス提供時期(2012~2017年)
  図:Wireless City Planningの割当帯域とサービス提供時期(2012~2017年)
 1-6. キャリア各社の周波数帯別基地局累積・新局数推移と予測(2012~2017年度、LTE/3G)
  図:NTTドコモの周波数帯別基地局累積局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:NTTドコモの周波数帯別基地局累積局数推移と予測(2012~2017年度)
  図:NTTドコモの周波数帯別基地局新局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:NTTドコモの周波数帯別基地局新局数推移と予測(2012~2017年度)
  図:KDDI(au)の周波数帯別基地局累積局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:KDDI(au)の周波数帯別基地局累積局数推移と予測(2012~2017年度)
  図:KDDI(au)の周波数帯別基地局新局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:KDDI(au)の周波数帯別基地局新局数推移と予測(2012~2017年度)
  図:ソフトバンクモバイルの周波数帯別基地局累積局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:ソフトバンクモバイルの周波数帯別基地局累積局数推移と予測(2012~2017年度)
  図:ソフトバンクモバイルの周波数帯別基地局新局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:ソフトバンクモバイルの周波数帯別基地局新局数推移と予測(2012~2017年度)
  図:イー・アクセス(イー・モバイル)の周波数帯別基地局累積局・新局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:イー・アクセス(イー・モバイル)の周波数帯別基地局累積局・新局数推移と予測(2012~2017年度)
  図:UQコミュニケーションズの周波数帯別基地局累積局・新局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:UQコミュニケーションズの周波数帯別基地局累積局・新局推移数と予測(2012~2017年度)
  図:Wireless City Planningの周波数帯別基地局累積局・新局数推移と予測(2012~2017年度)
  表:Wireless City Planningの周波数帯別基地局累積局・新局数推移と予測(2012~2017年度)
 1-7. 700M/900M/2.5G/3.5GHz帯の現況
  表:キャリア3社によるLTEサービスの700MHz帯利用の事業計画(申請ベース)
  表:2013年7月~9月における終了促進措置の実施状況
  表:NTTドコモの700MHz帯における終了促進措置に関する状況
  表:KDDI(au)とイー・アクセス(イー・モバイル)の700MHz帯における終了促進措置に関する状況
  図:MCA端末局
  図:MCA制御局
         図:RFID免許局・登録局
  図:RFID免許不要局
  表:キャリア各社における3.5GHz帯での第4世代移動通信システム(LTE-Advanced TDD)導入イメージ
  表:3.5GHz帯での第4世代移動通信システム(LTE-Advanced TDD)に向けたキャリア各社の主張
  表:3.4G~4.9GHz帯の割当周波数帯域と割当予定・利用可能時期・割当希望キャリア
 1-8. トラフィック増大へのインフラ対応(小セル化、セクタ化、スモールセル、フェムトセル、Wi-Fiなど)
  表:キャリア各社におけるトラフィック増への対応策
  表:NTTドコモにおける屋外基地局ラインナップと利用用途
  表:キャリア別スモールセル数推移と予測(2012~2017年度)
  表:キャリア・ベンダ各社のフェムトセル動向
  表:キャリア各社におけるWi-Fiスポット数の推移と予測(2010~2013年度、単位:ヶ所)
 1-9. LTE/LTE-Advancedインフラ戦略と基地局投資の動向
  表:キャリア4社のLTE/LTE-Advancedインフラ戦略と基地局投資の動向
  表:NTTドコモにおけるLTE-Advanced向け無線伝送技術のSmart Vertical MIMO屋外伝送実験の実施概要
  表:ソフトバンクモバイルにおけるLTE-Advanced実証実験の実施概要
  表:ソフトバンクモバイルにおけるLTE-Advanced向けネットワーク連携三次元空間セル構成実証実験の実施概要
  表:イー・アクセス(イー・モバイル)におけるLTE-Advanced実証実験の実施概要
 1-10. キャリア各社の通信方式別基地局投資額推移と予測(2012~2017年度、LTE/3G)
  図:NTTドコモの通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  表:NTTドコモの通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  図:NTTドコモの基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  表:NTTドコモの基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  図:KDDI(au)の通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  表:KDDI(au)の通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  図:KDDI(au)の基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  表:KDDI(au)の基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  図:ソフトバンクモバイルの通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  表:ソフトバンクモバイルの通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度、 単位:億円)
  図:ソフトバンクモバイルの基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  表:ソフトバンクモバイルの基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度、 単位:億円)
  図:イー・アクセス(イー・モバイル)の通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  表:イー・アクセス(イー・モバイル)の通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  図:イー・アクセス(イー・モバイル)の基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  表:イー・アクセス(イー・モバイル)の基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  図:UQコミュニケーションズの通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  表:UQコミュニケーションズの通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  図:UQコミュニケーションズの基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  表:UQコミュニケーションズの基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  図:Wireless City Planningの通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  表:Wireless City Planningの通信方式別の基地局投資額推移と予測(2012~2017年度)
  図:Wireless City Planningの基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  表:Wireless City Planningの基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)

2.2014年の注目キーワード
 2-1. キャリア3社のiPhone投入でLTEエリア競争に拍車
  図:キャリア各社のLTEネットワークの展開と利用周波数帯
  表:キャリア3社のLTE基地局数やLTE向け投資額、ネットワーク展開の比較(2012~2013年度)
 2-2. ネットワーク運用技術と価格対応力でキャリア開拓を進める海外ベンダ
  図:無線機ベンダ各社の供給関係と今後の展開
  表:無線機におけるキャリアへの出荷状況(2013年度見込み)
 2-3. スモールセル時代の到来で生き残り競争が本格化するエンジニアリング業界
  図:スモールセル数と基地局工事費の推移と予測(2012~2017年度)
  表:スモールセル数と基地局工事費の推移と予測(2012~2017年度、億円)
 2-4. 新屋内ソリューションの登場で加速するインハウスカバレッジ 79
  図:NTTドコモの屋内ソリューション展開
  表:キャリアや無線機ベンダなどの屋内ソリューションに関する主な動向
 2-5. VoLTE導入で動き出す音声定額制サービス
  図:キャリア各社におけるVoLTEの導入時期
 2-6. 2015年のサービス開始に向けてエリア構築はじまるLTE-Advanced
  図:キャリア各社における3.5GHz帯での第4世代移動通信システム(LTE-Advanced TDD)導入イメージ
     2-7. 2020年の商用化を目指してコンセプト作りが進む5G
  図:5Gに関する国内動向とサービス開始
  表:NTTドコモの考える5Gの基本コンセプト
  表:世界各国の5Gに向けた動き

3.基地局関連機器・部材の動向とベンダシェア
 3-1. 無線機
  図:無線機市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  図:無線機市場シェア
  表:無線機市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  表:無線機ベンダの供給マップ
  3-1-1. ベンダの動向
  表:無線機供給マップ
  表:無線機ベンダ各社における市場動向
  表:無線機ベンダ各社における将来動向
  3-1-2. キャリア各社の主な無線機の特長
  表:キャリア各社の主な無線機の特長
  3-1-3. 主要無線機の主な仕様
  表:NTTドコモの無線機の主な仕様(大型①)
  表:NTTドコモの無線機の主な仕様(大型②)
  表:NTTドコモの無線機の主な仕様(中・小型)
  表:NTTドコモの無線機の主な仕様(レピータ)
  表:NTTドコモの基地局ベンダ一覧(大型)
  表:NTTドコモの基地局ベンダ一覧(大・中・小型)
  表:KDDI(au)の無線機の主な仕様(大型)
  表:KDDI(au)の無線機の主な仕様(中型)
  表:KDDI(au)の無線機の主な仕様(小型)
  表:KDDI(au)の無線機ベンダ一覧(大・中型)
  表:KDDI(au)の無線機ベンダ一覧(小型)
  表:ソフトバンクモバイルの無線機の主な仕様(エリクソン・ジャパン)
  表:ソフトバンクモバイルの無線機の主な仕様(NSN)
  表:イー・アクセス(イー・モバイル)の無線機の主な仕様(エリクソン・ジャパン)
  表:イー・アクセス(イー・モバイル)の無線機の主な仕様(華為技術日本)
  表:UQコミュニケーションズの無線機の主な仕様
  3-1-4. キャリア別ベンダシェア(数量・金額)
  表:NTTドコモの無線機ベンダシェア(2013年度見込、台数ベース、単位:台)
  表:NTTドコモの無線機ベンダシェア(無線機合計、2013年度見込、台数ベース、単位:台)
  表:NTTドコモの無線機ベンダシェア(2013年度見込、金額ベース)
  表:NTTドコモの無線機ベンダシェア(無線機合計、2013年度見込、金額ベース)
  表:KDDI(au)の無線機ベンダシェア(2013年度見込、台数ベース、単位:台)
  表:KDDI(au)の無線機ベンダシェア(2013年度見込、金額ベース)
  表:ソフトバンクモバイルの無線機ベンダシェア(2013年度見込、台数ベース、単位:台)
  表:ソフトバンクモバイルの無線機ベンダシェア(2013年度見込、金額ベース)
  表:イー・アクセス(イー・モバイル)の無線機ベンダシェア(2013年度見込、台数ベース、単位:台)
  表:イー・アクセス(イー・モバイル)の無線機ベンダシェア(2013年度見込、金額ベース)
  表:UQコミュニケーションズの無線機ベンダシェア(2013年度見込、台数・金額ベース、単位:台・億円)
  表:Wireless City Planningの無線機ベンダシェア(2013年度見込、台数・金額ベース、単位:台・億円)
 3-2. アンテナ&ケーブル
  図:アンテナ&ケーブル市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  図:アンテナ&ケーブル市場シェア
  表:アンテナ&ケーブル市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  表:アンテナ&ケーブルベンダの供給マップ
  3-2-1. ベンダの動向
  表:アンテナ&ケーブルベンダにおける市場動向
  表:アンテナ&ケーブルベンダにおける将来動向
  3-2-2. 製品動向・特長
  図:3周波偏波共用屋内アンテナの概観
  3-2-3. 主要製品の主な仕様 118
  表:日本電業工作の主要製品の主な仕様(携帯電話基地局向けアンテナ、800M/1.5G/1.7G/2.1GHz帯)
  表:日本電業工作の主要製品の主な仕様(WiMAX基地局向けアンテナ)
  表:日本電業工作の主要製品の主な仕様(WiMAX屋内基地局向けアンテナ)
  表:日立金属の主要製品の主な仕様
  表:三菱電線工業の主要製品の主な仕様
  3-2-4. キャリア別ベンダシェア(金額)
  表:キャリア別アンテナ&ケーブルベンダシェア(2013年度見込、金額ベース)
 3-3. コネクタ&ケーブル(外部インタフェース部分)
  図:コネクタ&ケーブル市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  図:コネクタ&ケーブル市場シェア
  表:コネクタ&ケーブル市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  表:コネクタ&ケーブルベンダの供給マップ
  3-3-1. ベンダの動向
  表:コネクタ&ケーブルベンダにおける市場動向
  表:コネクタ&ケーブルベンダにおける将来動向
  3-3-2. 製品動向・特長
  表:基地局向けコネクタのトレンド
  図:光コネクタ・同軸コネクタ・外部インタフェース用の位置関係
  3-3-3. 主要製品の主な仕様
  表:日本航空電子の同軸コネクタシリーズの主な仕様①
  表:日本航空電子の同軸コネクタシリーズの主な仕様②
  表:日本航空電子の光コネクタシリーズの主な仕様
  3-3-4. キャリア別ベンダシェア(金額)
  表:キャリア別コネクタ&ケーブルベンダシェア(2013年度見込、金額ベース)
 3-4. 電源
  図:電源市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  図:電源市場シェア
  表:電源市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  表:電源ベンダの供給マップ
  3-4-1. ベンダの動向
  表:電源ベンダにおける市場動向
  表:電源ベンダにおける将来動向
  3-4-2. 製品動向・特長 131
  表:オリジン電気における電源機器(情報・通信機器)の新製品の主な仕様と用途
  3-4-3. 主要製品の主な仕様
  表:オリジン電気の主要製品の主な仕様と用途
  表:新電元工業の主要製品の仕様と主な特長
  図:新電元工業の主要製品外観
  3-4-4. キャリア別ベンダシェア(金額)
  表:キャリア別電源ベンダシェア(2013年度見込、金額ベース)
 3-5. 蓄電池
  図:蓄電池市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  図:蓄電池市場シェア
  表:蓄電池市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  表:蓄電池ベンダの供給マップ
  3-5-1. ベンダの動向
  表:蓄電池ベンダにおける市場動向
  表:蓄電池ベンダにおける将来動向
  3-5-2. 製品動向・特長
  表:新神戸電機における産業用鉛蓄電池の種類と主な用途
  表:古河電池における基地局向け蓄電池のシリーズ構成
  表:新神戸電機のフロート用リチウムイオン電池 KL200の特長・効果と用途と仕様
  3-5-3. 主要製品主な特長
  表:新神戸電機のKL200の仕様
  3-5-4. キャリア別ベンダシェア(金額)
  表:キャリア別蓄電池ベンダシェア(2013年度見込、金額ベース)

4.エンジニアリング市場の動向
 4-1.エンジニアリング会社の動向
  図:エンジニアリング市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
  図:エンジニアリング市場シェア
  表:エンジニアリング市場の規模推移と予測(2012~2017年度)
     表:エンジニアリング会社の工事参入マップ
 4-2.キャリア各社の基地局工事体制・形態
  4-2-1. NTTドコモ
  図:NTTドコモの基地局建設の体制
  表:NTTドコモの基地局建設の体制とそのプロセス
  4-2-2. KDDI(au)
  図:KDDI(au)の基地局建設の体制
  表:KDDI(au)の基地局建設の体制とそのプロセス
  4-2-3. ソフトバンクモバイル
  図:ソフトバンクモバイルの基地局建設の体制
  表:ソフトバンクモバイルの基地局建設の体制とそのプロセス
  4-2-4. イー・アクセス(イー・モバイル)
  図:イー・アクセス(イー・モバイル)の基地局建設の体制
  4-2-5. UQコミュニケーションズ
  図:UQコミュニケーションズの基地局建設の体制
  表:キャリア各社のLTEなどの基地局配置と設置場所確保(DCM/au/SBM/EM/UQC/WCP)
  表:キャリア各社の建設工事実施体制(DCM/au/SBM/EM)
  表:キャリア各社の建設工事実施体制(UQC/WCP)
 4-3.エンジニアリング会社の基地局市場への取り組みと対応
  表:エンジニアリング会社によるキャリア各社への取り組みと対応
 4-4.キャリア別エンジニアリング会社シェア(金額)
  表:キャリア別エンジニアリング会社シェア(2013年度見込、金額ベース)

5.モバイルキャリア戦略及び基地局・部材市場の総括と将来予測
 5-1. モバイルキャリアのインフラ戦略総括(強み・弱み・今後の動向)
  表:モバイルキャリアのインフラ戦略総括(強み・弱み・今後の動向)
 5-2. 基地局方式別市場規模予測(2012~2017年度)
  図:通信方式別投資額の推移と予測(2012~2017年度)
  表:通信方式別投資額の推移と予測(2012~2017年度)
  図:基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
  表:基地局投資額の内訳推移と予測(2012~2017年度)
 5-3. 基地局市場の総括と将来動向
  表:2013と2017年度の設備投資額比較
 5-4. 基地局部材市場の総括と将来動向
  表:基地局部材市場の総括
  表:基地局部材市場の将来動向
 5-5. エンジニアリング市場の総括と将来動向
  表:エンジニアリング市場の総括と将来動向
 5-6. モデルケースによる基地局コスト比較
  表:基地局整備費用(平成24年度補助事業実績)
  表:コンクリート柱や鋼管柱、アングルトラス鉄塔における基地局コスト比較(屋外一体型無線機)


参考:総務省「無線局統計情報」
 参考:既存基地局の地域別展開状況
  表:2012年度通期(2012年4月7日~2013年4月13日)の基地局新局数(DCM/EM/SBM/単位:局)
  表:2012年度通期(2012年4月7日~2013年4月13日)の基地局新局数(au/UQC/WCP/合計)
  表:2013年4月13日時点のキャリア・周波数帯・地域別基地局累積局数(DCM/EM/SBM)
  表:2013年4月13日時点のキャリア・周波数帯・地域別基地局累積局数(au/UQC/WCP・合計)
  表:2013年度上期(2013年4月13日~9月28日)の基地局新局数(DCM/EM/SBM)
  表:2013年度上期(2013年4月13日~9月28日)の基地局新局数(au/UQC/WCP/合計)
  表:2013年9月28日時点のキャリア・周波数帯・地域別基地局累積局数(DCM/EM/SBM)
  表:2013年9月28日時点のキャリア・周波数帯・地域別基地局累積局数(au/UQC/WCP/合計)



 

お申込



株式会社MCA(MCA inc.)