株式会社MCAが運営する調査レポート販売サイト
IT Forecast Report
「通信販売業における電子商取引の
ガイドライン」に基づく表示
TOP(レポート一覧) 受託調査 MobileNewsLetter 会社概要(Profile)
プレスリリース アナリスト紹介 モバイルビジネス通信 お問い合わせ
 
 



   主要キャリアのネットワーク投資戦略と通信
インフラ市場
2015年度版

~ネットワークの仮想化とオープン化で生まれる新たな競争市場~


 

 
調査概要

 本レポートは、主要通信キャリアのネットワーク関連設備投資の動向を分析することにより、ネットワーク機器の市場規模、キャリア内ベンダシェア等を明らかにすることを目的とする。

今後のキャリア設備投資に大きな影響を与えると注目される動きに、NFVNetwork Functions Virtualization)とSDNSoftware Defined Networking)があげられる。

NFVは、これまでキャリアネットワークを構成していた専用ハードウェア(アプライアンス)を、ハードとソフトに分離し、汎用サーバ上に仮想化したネットワーク機能を実装しようとするコンセプトである。機能ごとに異なる専用アプライアンスの集まりであったネットワークに仮想化技術を用い、サーバやストレージ、スイッチなどの汎用機器と仮想化ソフトで構築するのが目的である。汎用サーバを用いることによるコスト削減や柔軟なネットワーク構成、迅速なサービス立上などが可能になると期待される。

SDNはネットワーク機器内に統合されていたパケット伝送機能と経路制御機能を分離し、ソフトウェアからネットワーク全体を集中制御しようとするものである。これまでのネットワークは、例えばネットワークにサーバを追加する、あるいは1つのネットワークを複数に分割するには、物理的にケーブルの接続をやり直したり、ルータやスイッチごとにネットワーク管理者が設定をしたりしなければならなかった

SDNが急速に注目されたのは、このような状況を打破するための有力な手段として、ネットワークの構成や機能をソフトウェアだけで設定できるようにすることを目指したコンセプトを提示したからである。SDNはデータセンターなどのクラウド事業者への導入が先行し、今は企業ネットワークの分野にも広がってきている。今後は広域ネットワーク対応のSDN製品も充実してくると見られ、通信キャリアへの導入も視野に入ってきている。

NFVSDN化によるネットワーク構築手法の変化は、通信機器ベンダにとって大きなインパクトを与えることになるだろう。これまでの一部のグローバルベンダが席巻していた通信機器市場には新たな競合プレーヤが参入して来ることが予想される。

本調査レポートでは、NFV/SDNの視点を踏まえて、キャリアのネットワーク設備投資及び各ネットワーク機器の市場を予測していく。

 

レポート体裁/費用
発行会社  株式会社MCA
発刊日 2015年10月
価格
216,000円(消費税込み
販売方法 PDFファイル
◎印刷レポート


レポートダウンロード
ニュースリリース   レポート
   

関連記事のご案内

モバイルビジネス通信 
キャリアの設備投資とインフラ機器市場(2):2013年度のインフラ機器市場は7,225億円、NFV/SDNで見える新市場の可能性
NFV導入に向けたNTTドコモの動き(2):残されたNFV商用化における課題
NFV導入に向けたNTTドコモの動き(1):NTTドコモが先駆的にNFV商用化を図る理由
モバイル業界スナップショット:ドコモのNFV実験から透けて見えるベンダー間競争の一面


 
レポート購入方法


クレジットカード
 
 レポートダウンロード⇒申込書送信⇒クレジット決済選択⇒決済完了⇒パスワード送信⇒レポート閲覧


銀行振込
(一括払い)
 
 レポートダウンロード⇒申込書送信⇒パスワード送信⇒レポート閲覧⇒貴社へ請求書送付⇒入金確認
*クレジット決済の場合、ご希望があれば別途「領収書」を発行させていただきます。お手数ですが 、必ず下記申し込みページへクリック後、「ご質問・ご要望」欄に「領収書希望」とお書き添え下さい。
жダウンロードは右クリックの「対象先を保存」でスタートします。
 

調査対象 

調査対象キャリア(22社)

調査対象通信機器

調査ベンダ(16社以上)

NTT東日本
NTT西日本
NTTコミュニケーションズ
KDDI(固定)
KDDIau
・・旧ソフトバンクテレコム
旧ソフトバンクBB
旧ソフトバンクモバイル
NTTドコモ
フュージョン
HOTnet
TOHKnet
CTC
HTNet
ケイ・オプティコム
エネコム
STNet
QTNet
OTNet
旧ワイモバイル
UQコミュニケーションズ
Wireless City Planning

局用交換機
伝送装置(WDM/SONET/SDHなど)

IP関連機器(ルータ/スイッチ/サーバ)
BB関連機器(PON/MCDSLAM/NGW
携帯電話基地局

NEC
富士通
日立製作所
沖電気工業
三菱電機
住友電気工業
シスコシステムズ
ジュニパーネットワークス
エクストリーム
日本アルカテル・ルーセント
エリクソン・ジャパン
ノキアソリューションズ&ネットワークス
日立金属
サムスン電子ジャパン
華為技術日本
その他

 


 


調査項目

調査の目的・背景

1.市場分析編
1.1.キャリアを取り巻く市場環境
  図: KDDIの事業構成
  図:ソフトバンクグループの事業セグメントとその子会社
  図:国内通信業界の変遷
  表:グループ別売上高推移
  表:固定通信・移動通信サービス別売上高推移
  図:主要キャリアグループ会社の位置付け
1.2.NFV/SDNによるネットワーク設備投資及び、ネットワークインフラ機器市場への影響
  図:NFV通信関連インフラ市場規模推移と予測(2013~2018年度)
  表:NFV通信関連インフラ市場規模推移と予測(2013~2018年度)
  表:カテゴリ別NFV通信関連インフラ市場規模推移と予測(2013~2018年度)
  表:NFV導入のコスト削減試算
  図:ターゲット別SDNサービス市場規模推移と予測(2013~2018年度)
  表:ターゲット別SDNサービス市場規模推移と予測(2013~2018年度)
  図:SDNスイッチ/SDNコントローラ市場規模推移と予測(2013~2018年度)
1.3.キャリア各社の設備投資の動向
  表:グループ別設備投資の推移
  表:固定系/移動体系別の設備投資推移
  表:設備投資額に占めるモバイル比率
1.4.ネットワーク機器市場の動向
  表:ネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)
1.5.機器別の投資額推移
  表:ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編
2.キャリア編~東日本電信電話~
2.1.1.企業概要
2.1.2.提供サービスと戦略
  表:NTT東日本の提供サービスと内容
  表:NTT東日本の契約者数推移
2.1.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表: NTT東日本の業績推移
2.1.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.1.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:NTT東日本の設備投資の推移
2.1.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  表:施設状況
  図:PSTN(コアネットワーク)のマイグレーションスケジュール
  図:PSTN(コアネットワーク)のサービス提供
  図:NTT東日本のフレッツ網の内部構成
  図:最近の研究開発事例
  表:光サービス芯線数
  図:NGNの構成
  表:NGNの構成機器
  図:データセンター拠点
2.1.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.1.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:NTT東日本のネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.1.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:NTT東日本のネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~西日本電信電話~
2.2.1.企業概要
2.2.2.提供サービスと戦略
  表:NTT西日本の提供サービスと内容
  表:NTT西日本の契約者数推移
2.2.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:NTT西日本の業績推移
2.2.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.2.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:NTT西日本の設備投資の推移
2.2.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:NTT西日本のフレッツ・光プレミアム網の内部構成
  図:NTT西日本のフレッツ網とフレッツ・光プレミアム網の全体像
  表:施設状況
  表:光サービス芯線数
  図:アクセス網光化の変遷イメージ
  図:データセンター拠点
2.2.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.2.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:NTT西日本のネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.2.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:NTT西日本のネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~NTTコミュニケーションズ~
2.3.1.企業概要
2.3.2.提供サービスと戦略
  表:NTTコミュニケーションズの提供サービスと内容
2.3.2.提供サービスと戦略
  表:NTTコミュニケーションズの契約者数推移
  表:NTTコミュニケーションズの契約者数推移(新区分)
2.3.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:NTTコミュニケーションズの業績推移
  表:NTTコミュニケーションズの売上高推移
2.3.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.3.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:NTTコミュニケーションズの設備投資の推移
  表:NTTコミュニケーションズの設備投資の推移(新区分)
  図:セキュアインターネットゲートウェイサービスの国内拠点での利用イメージ
  図:コロケーション接続オプション
2.3.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.3.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:NTTコミュニケーションズのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.3.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:NTTコミュニケーションズのネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~KDDI~
2.4.1.企業概要
  表:組織変更(2014年4月~2015年8月)
  表:部門改称の概要
2.4.2.提供サービスと戦略
  表:KDDIの提供サービスと内容
  表:新セグメントによる事業内容
  表:KDDIの契約者数推移
2.4.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:KDDIの固定通信事業の業績推移
  表:KDDIのセグメント別売上高推移
  表:KDDIのセグメント別営業利益推移
2.4.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.4.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:KDDIの固定通信事業の設備投資
2.4.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ネットワーク構成
  図:光ファイバネットワーク
  図:GCリングのネットワーク図
2.4.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.4.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:KDDIのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.4.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:KDDIのネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~KDDI(au)~
2.5.1.企業概要
2.2.2.提供サービスと戦略
  表:KDDI(au)の契約者数推移
2.5.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:KDDI(au)の業績推移
2.5.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.5.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:KDDI(au)の設備投資の推移
2.5.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:携帯電話ネットワークの全体構成
2.5.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.5.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:KDDI(au)のネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.5.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:KDDI(au)のネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~ソフトバンク(旧ソフトバンクテレコム)~
2.6.1.企業概要
2.6.2.提供サービスと戦略
  表:ソフトバンクの提供サービスと内容
  表:ソフトバンクの提供サービスと内容(法人/個人向け)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクテレコム)の契約者数推移
2.6.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクテレコム)の業績推移
2.6.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.6.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクテレコム)の設備投資の推移
2.6.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ソフトバンクグループのネットワーク構成
  図:バックボーンネットワーク
  図:アクセスリングネットワーク
2.6.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.6.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクテレコム)のネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.6.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクテレコム)のネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~ソフトバンク(旧ソフトバンクBB)~
2.7.1.企業概要
2.7.2.提供サービスと戦略
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクBB)の契約者数推移
2.7.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクBB)の業績推移
2.7.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.7.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクBB)の設備投資の推移
2.7.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:バックボーンネットワーク
  図:次世代バックボーンのイメージ
  図:アクセスネットワーク
2.7.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.7.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクBB)のネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.7.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクBB)のネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~ソフトバンク(旧ソフトバンクモバイル)~
2.8.1.企業概要
2.8.2.提供サービスと戦略
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクモバイル)の契約者数推移
2.8.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクモバイル)の業績推移
2.8.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.8.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクモバイル)の設備投資の推移
2.8.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
2.8.7.設備投資とネットワーク投資の動向
  図:陸上(地上)係留気球構成
  図:陸上(車載)係留気球構成
  図:船上係留気球構成
  表:新型気球無線中継システムの主な特長
2.8.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクモバイル)のネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.8.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:ソフトバンク(旧ソフトバンクモバイル)のネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~NTTドコモ~
2.9.1.企業概要
  表:組織変更(2014年4月~2015年8月)
  表:2014年10月における組織の新設概要
  表:組織変更(2014年4月~2015年8月)
  表:NTTドコモの提供サービスと内容
  表:中期目標に向けた新たな取り組みの概要
  表:NTTドコモの契約者数推移
2.9.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:NTTドコモの業績推移
2.9.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.9.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:NTTドコモの設備投資の推移
  表:NTTドコモの設備投資の推移(新区分)
2.9.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  表:NTTドコモのネットワークにおける主なネットワーク装置
  図:伝送路ネットワーク
  表:ネットワークオペレーションセンターの概要
  表:屋外商用環境での検証の概要
  図:基地局ラインナップとその適応箇所
  表:キャリア各社のWi-Fiサービス比較
  図:LAAのイメージ
  図:実験のイメージ
2.9.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:NTTドコモのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.9.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:NTTドコモのネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~フュージョン・コミュニケーションズ~
2.10.1.企業概要
2.10.2.提供サービスと戦略
  表:フュージョン・コミュニケーションズの提供サービスと内容
2.10.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:フュージョン・コミュニケーションズの業績推移
2.10.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.10.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:フュージョン・コミュニケーションズの設備投資の推移
2.10.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ネットワーク構成
  図:IPネットワーク
2.10.7.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:フュージョン・コミュニケーションズのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~HOTnet~
2.11.1.企業概要
2.11.2.提供サービスと戦略
  表:HOTnetの提供サービスと内容
  表:S.T.E.Pサービスの変遷
2.11.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:HOTnetの業績推移
2.11.4.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:HOTnetの設備投資の推移
2.11.5.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ネットワーク組織図
  図:業務区域
2.11.6.設備投資とネットワーク投資の動向
2.11.7.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:HOTnetのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~TOHKnet~
2.12.1.企業概要
2.12.2.提供サービスと戦略
  表:TOHKnetの提供サービスと内容
2.12.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:TOHKnetの業績推移
2.12.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.12.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:TOHKnetの設備投資の推移
2.12.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:専用線ネットワーク構成(ネットワークセンター 仙台)
  図:V-LANのネットワーク構成
2.12.7.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:TOHKnetのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~CTC~
2.13.1.企業概要
2.13.2.提供サービスと戦略
  表:CTCの提供サービスと内容
2.13.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:CTCの業績推移
2.13.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.13.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:CTCの設備投資の推移
2.13.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:IP電話ネットワーク
2.13.7.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:CTCのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~HTNet~
2.14.1.企業概要
2.14.2.提供サービスと戦略
  表:HTNetの提供サービスと内容
2.14.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:HTNetの業績推移
2.14.4.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:HTNetの設備投資の推移
  図:ネットワーク構成
2.14.6.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:HTNetのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~ケイ・オプティコム~
2.15.1企業概要
2.15.2.提供サービスと戦略
  表:ケイ・オプティコムの提供サービスと内容
  表:ケイ・オプティコムの契約者数推移
  表:ケイ・オプティコムのmineoの契約者数推移
2.15.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:ケイ・オプティコムの業績推移
2.15.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
  表:mineoの変遷
2.15.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:ケイ・オプティコムの設備投資の推移
2.15.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ケイ・オプティコムのネットワーク構成
  図:IPバックボーンネットワーク
2.15.7.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:ケイ・オプティコムのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~エネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)~
2.16.1.企業概要
2.16.2.提供サービスと戦略
  表:エネルギア・コミュニケーションズの提供サービスと内容
2.16.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:エネルギア・コミュニケーションズの業績推移
2.16.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.16.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:エネルギア・コミュニケーションズの設備投資の推移
2.16.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ネットワーク構成
  表:ネットワーク構成
2.16.7.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:エネルギア・コミュニケーションズのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~STNet~
2.17.1.企業概要
2.17.2.提供サービスと戦略
  表:STNetの提供サービスと内容
  表:STNetの業績推移
2.17.4.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:STNetの設備投資の推移
2.17.5.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ネットワーク構成
2.17.6.設備投資とネットワーク投資の動向
2.17.7.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:STNetのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~QTNet~
2.18.1.企業概要
2.18.2.提供サービスと戦略
  表:QTNetの提供サービスと内容
2.18.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:QTNetの業績推移
2.18.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.18.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:QTNetの設備投資規模推移
2.18.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ネットワーク構成
2.18.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.18.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:QTNetのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)

2.キャリア編~OTNet~
2.19.1.企業概要
2.19.2.提供サービスと戦略
  表:OTNetの提供サービスと内容
2.19.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:OTNetの業績推移
2.19.4.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:OTNetの設備投資規模推移

2.キャリア編~ソフトバンク(旧ワイモバイル)~
2.20.1.企業概要
2.20.2.提供サービスと戦略
  表:ソフトバンク(旧ワイモバイル)の提供サービスと内容
  表:ソフトバンク(旧ワイモバイル)の契約者数推移
2.20.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:ソフトバンク(旧ワイモバイル)の業績推移
2.20.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.20.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:ソフトバンク(旧ワイモバイル)の設備投資の推移
2.20.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:光IPバックボーンと長距離ネットワーク
  図:光バックボーンネットワーク
  図:携帯電話ネットワーク
2.20.7.設備投資とネットワーク投資の動向
  表:異なる送受信方式による4Gシステムの評価試験概要
2.20.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:ソフトバンク(旧ワイモバイル)のネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.20.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:ソフトバンク(旧ワイモバイル)のネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

2.キャリア編~UQコミュニケーションズ~
2.21.1.企業概要
2.21.2.提供サービスと戦略
  表:UQコミュニケーションズの提供サービスと内容
  表:合併の当事会社の概要(2015年8月27日時点)
  表:UQコミュニケーションズの契約者数推移
  図:利用周波数帯の変更
2.21.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:UQコミュニケーションズの業績推移
2.21.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.21.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:UQコミュニケーションズの設備投資の推移
2.21.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:バックホール
  図:ネットワーク概要図
2.21.7.設備投資とネットワーク投資の動向
  表:UQコミュニケーションズによるデータ通信の高速化
2.21.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:UQコミュニケーションズのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.21.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:UQコミュニケーションズのネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)
2.キャリア編~Wireless City Planning~
2.22.1.企業概要
2.22.2.提供サービスと戦略
  表:Wireless City Planningの提供サービスと内容
  表:Wireless City Planningの契約者数(単位:千契約、出典:Wireless City Planning)
2.22.3.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など、2007~2014年度)
  表:Wireless City Planningの業績推移
2.22.4.セグメント別サービスの状況(2007~2014年度)
2.22.5.設備投資の推移(2007~2015年度)
  表:Wireless City Planningの設備投資の推移
2.22.6.主なネットワーク構成と構成機器及び、そのベンダ
  図:ネットワーク構成
  図:クラウド基地局のイメージ
2.22.7.設備投資とネットワーク投資の動向
2.22.8.ネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
  表:Wireless City Planningのネットワーク機器への投資額推移と予測(2007~2018年度)
2.22.9.2014年度のネットワーク機器投資におけるベンダシェア
  表:Wireless City Planningのネットワーク機器投資におけるベンダシェア(2014年度)

3.通信機器編
3.通信機器編~局用交換機~
3.1.1.市場概況
3.1.2.国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  図:局用交換機の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  表:局用交換機の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
3.1.3.市場分析
  表:キャリア各社における局用交換機の導入機種
3.1.4.ベンダシェア(2014年度)
  図:局用交換機ベンダシェア(2014年度)
  表:局用交換機ベンダシェア(2014年度)
3.1.5.主要ベンダの動向
  図:NC9000シリーズの構成
  図:NC9000シリーズのネットワーク図
  表:NC9000シリーズの製品ラインナップと推奨ハードウェア、OS仕様
  図:各IMSコアの機能と特長

3.通信機器編~伝送装置~
3.2.1.市場概況
3.2.2.国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  図:伝送装置の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  表:伝送装置の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
3.2.3.市場分析
3.2.4.ベンダシェア(2014年度)
  図:伝送装置のベンダシェア(2014年度)
  表:伝送装置のベンダシェア(2014年度)
  図:FUJITSU Network 1FINITY T100の外観

3.通信機器編~IP関連機器(ルータ・スイッチ・サーバ)~
3.3.1.市場概況
3.3.2.国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  図:IP関連機器(ルータ・スイッチ・サーバ)の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  表:IP関連機器(ルータ・スイッチ・サーバ)の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
3.3.3.市場分析
3.3.4.ベンダシェア(2014年度)
  図:ルータのベンダシェア(2014年度)
  表:ルータのベンダシェア(2014年度)
  図:スイッチのベンダシェア(2014年度)
  表:スイッチのベンダシェア(2014年度)
  図:サーバのベンダシェア(2014年度)
  表:サーバのベンダシェア(2014年度)
3.3.5.主要ベンダの動向
  図:vMS - マネージドサービスを提供するためのプラットフォーム

3.通信機器編~携帯電話基地局~
3.4.1.市場概況
3.4.2.国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  図:携帯電話基地局の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  表:携帯電話基地局の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
3.4.3.市場分析
3.4.4.ベンダシェア(2014年度)
  表:携帯電話基地局のベンダシェア(2014年度)
  表:携帯電話基地局のベンダシェア(2014年度)
3.4.5.主要ベンダの動向
  表:R&Dセンターの概要
  表:EricssonのRBS 6000ファミリーの製品一覧
  表:BroadOne LS100シリーズの主な特長
  図:BroadOne LS100シリーズ
  図:LTEフェムトセルの対象エリアイメージ
  図:BroadOne LS100シリーズ
  図:構築したフェムトセル基地局システムの構成図
  表:主なシステム構成と主な特長
  図:高密度基地局装置(正面)
  図:高密度基地局装置(斜め)
  表:BIMSシステムの各機能の役割と主な特長
  図:BIMSシステム構成図

3.通信機器編~ブロードバンド関連機器~
3.5.1.市場概況
  表:NTT東/西日本における新規申込受付終了となるADSLサービス
  図:固定系ブロードバンドサービスの契約数の推移
3.5.2.国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  図:ブロードバンド関連機器の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
  表:ブロードバンド関連機器の国内市場規模推移と予測(2007~2018年度)
3.5.3.市場分析
3.5.4.ベンダシェア(2014年度)
  図: PON/MCのベンダシェア(2014年度)
  表:PON/MCのベンダシェア(2014年度)
3.5.5.主要ベンダの動向
  表:三菱電機のGE-PON AS-2000GLS3の主な特長
  表:三菱電機のGE-PON AS-2000GLS3の主な仕様
  表:三菱電機のMF-100G-MCの主な特長
  表:三菱電機のMF-100G-MCの主な仕様
  表:富士通テレコムネットワークスにおける主なMC一覧
  表:FUJITSU Network FA2232 GE-PON OLTの主な仕様
  表:富士通テレコムネットワークスの会社概要
  表:沖電気工業のOLT装置の主な仕様
  図:沖電気工業による中部電力への導入イメージ
  表:住友電気工業のブロードバンド関連機器の主な特長
  表:住友電気工業のVMS5833(VDSL集合装置)の主な仕様
  表:住友電気工業のFCM7133(10G-EPONユニット)の主な特長
  表:住友電気工業による大分ケーブルテレコムとの実験概要
  図:システム構成(出典:住友電気工業)
  表:住友電気工業の10G-EPONシステムの強み
  表:NECのXM1600シリーズの主な特長
  表:技術比較
 

 

お申込



株式会社MCA(MCA inc.)